豆知識コーナー:ポジポジ病

FXトレードをしていて、ムダにエントリーをしてしまうことを「ポジポジ病」と言ったりしますが、ポジポジ病の対策は自分のトレードルールをしっかり決めることと、エントリーを狙ってチャートを見るときは心を落ち着かせておくことが大事です。

トレードルールがはっきり決まっていれば、エントリーするべき場所と見送る場所が明確になり、ムダなエントリーは減ります。そしてチャートを見ているときは熱くなりすぎず冷めすぎず、フラットな精神状態でいることが大事です。


日本に初めてバイナリーオプションを紹介した業者

sdjj77 海外バイナリーオプション業者を選択するにあたっては、できるだけ知名度が高くて様々な保証がしっかりしている業者を選択したいものです。そしてそのような基準を満たしている業者として最もおすすめしたいのが24オプションです。日本に初めてバイナリーオプションを紹介した業者でもあります。

◆信頼性の高いバイナリーオプション企業

英国バージン諸島に本社を構える24オプションは、247ホールディングス社という運営商標を掲げるバイナリーオプション専門会社であり、株式やFXなどの金融商品、オンラインマーケティング、ソフトウェアといった様々なジャンルの各専門家が結集して運営に当たっているため、世界的に高い信頼を獲得しています。24オプションの海外バイナリーオプションは儲かる、というやや神話的な噂が流れているようです。

ただし、投資初心者にとってはバイナリーオプションのみならず海外業者を利用することへの様々な不安が付き物です。資産管理や取引方法のことなど、不明な点がある場合にきちんと相談できる業者を選びたいものです。しかし、日本語でのフルサポートを行っている24オプションならそんな不安も軽く吹き飛ぶはずです。英語ができないといったことで利用を諦める必要はありません。

関連サイト: FX市場.com

◆完璧な日本語サポート

24Optionのバイナリー(→現在YBINARYに更新済み)では、日本人スタッフが日本ユーザー向けにサポート業務を担当しています。そのため、Eメールのみならず、電話やFAX、ライブチャットでも日本語でやりとり可能です。その上サポートは24時間体制ですから、たとえ深夜であっても取引に不明な点があればすぐに問い合わせできます。

もちろん、各種問い合わせには費用など一切発生しませんからご安心下さい。入金についても何度でも手数料はかかりませんし、出金の場合は1ヶ月に1回まで手数料無料です。(1ヶ月に2回以上出金要請を行う場合、2回目以降の手続きには1回あたり3,000円の手数料負担が必要となります。)

◆世界12ヶ国の言語に対応

全世界にサービスを提供している24オプションは、英語や日本語以外にもフランス語やイタリア語、スペイン語など、実に12ヶ国もの言語でのサポートを行っています。それぞれの言語ごとに専用のサービスセンターや電話番号、Eメールアドレスが配備されていますから、お問い合わせの際はお間違いのないよう、予めよくご確認下さい。日本語での問い合わせ先は以下の通りです。